群青色な日々 リブートプロジェクト

デジモノ好きが備忘録などをたまに書き残していきます。

総記事数:  総コメント数:   総ブログ拍手数: 434 回   FONT SIZE :    BOOKMARK  ADMIN

最近のお買い物(TROND BT-DUO HD)

Bluetoothレシーバーを買い増ししました。
TRONDというメーカーのもので、aptX HD、aptX Low Latency、aptX、SBC対応でレシーバー(受信)だけでなく送信機としても利用可能だそうです。
180522_BT02.jpg 180522_BT01.jpg
化粧箱です。

180522_BT03.jpg
製品本体です。
中央のボタンを押すと電源が入り、再生中に押すと一時停止ができます。
中央のボタンの周りについているボタン(<、>)で曲送り、戻し、(+、-)で音量が調節できます。

180522_BT04.jpg 180522_BT05.jpg
クリップは取り外し可能です。

180522_BT06.jpg
受信、送信を切り替えるスイッチ。

180522_BT07.jpg
音声入出力ジャック。

180522_BT08.jpg
microUSB充電端子。

180522_BT09.jpg
音声ケーブル等付属品です。結構充実しています。

送信機としては使う予定がないので受信機として使った感想を書きます。

Moto ZとaptX HD接続して聞いてみました。コーデックがハイレゾ相当なので高音域がクリアに聞こえますね。SBCとは比べ物になりません。

WI-1000X(LDAC)では、信号機の下に行くと電波干渉で切れてまともに聞こえないことがありますが、この製品では切れることはありませんでした。aptX HDはLDACよりビットレートが低いからかもしれません。
部屋の中とかで静止していれば切れることほとんどありませんでした。

LDACとaptX HDの音質の差ですが、自分では聞き分けられませんでした。
両方ともクリアで音の広がりが良いです。カスタムROM導入済Moto Z(Android 8.1.0)でPoweramp(alpha build 709)での感想です。

似たような商品で、Inateck BR1006(aptX HD対応)を持っているのですが、比べると以下の点が良いと思いました。

・受信機としての利用で、音量の調節、曲送り、戻しが可能(BR1006は再生、停止しかできない)
・クリップがついてくるので服につけられる(クリップは脱着可能なので外せばコンパクトにできる)
・aptX HDレシーバーとしては値段が手頃(ただし最新のBR1008よりは若干高いがこちらもリモコン機能がない)


ということで、コストパフォーマンス高いです。

欠点もいくつかあります。

・リモートコントロールボタン類の位置が分かりにくい(慣れが必要かも)
・ボタンが押しにくい(ラバーみたいになっているので、爪で押すと押しやすい)
・クリップが硬い(厚いものははさめないかも)


欠点はありますが、価格の割には製品の品質がよいので買ってよかったです。
aptX HDレシーバーをお探しの方にオススメします。

COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK