群青色な日々 リブートプロジェクト

デジモノ好きが備忘録などをたまに書き残していきます。

総記事数:  総コメント数:   総ブログ拍手数: 434 回   FONT SIZE :    BOOKMARK  ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Poweramp v3 Beta-test Build 790でハイレゾ再生

Powerampのアルファ版が4/30にリリースされました。

○Poweramp v3 beta-preview-build-790
http://forum.powerampapp.com/topic/11296-poweramp-v3-beta-preview-build-790-not-yet-feature-complete-read-first-post-before-commenting/

テスト使用してみました。まさしくアルファ版といった感じで、機能しないボタンや機能が結構あります。

新版の目玉としては、ハイレゾ出力の対応でしょうか。

試験的ですがAndroid Oreoでハイレゾ出力に対応しました。
OPENSL ES HD OUTPUTというのがそれです。

イヤホン出力、Bluetooth出力で対応しています。(Bluetooth出力は別途端末がaptX HDかLDACに対応している必要がありそう)

Moto Z(Oreo)にアプリを入れ、WI-1000X(LDAC接続)で試聴してみました。

音の感じはクリアさが増した感じで解像度も広く感じます。

Moto Zは有線イヤホン端子がないので有線との聞き比べはできませんが、満足のいく音質になりました。

ちなみに、ヘッドセットのボタンは反応しませんでした。ウィジェットのボタンも一部反応しません。この辺は次のベータリリースに期待ですね。

○スクリーンショット

180511_poweramp_b790_01.png
まずはaptX HDまたはLDACに対応したヘッドセットを接続し、Android(Oreo)の本体設定(開発者オプション)でBluetoothの設定をします。
この時はLDACで聴いていたので、コーデック:LDAC、サンプルレート:96kHz、オーディオビット:24ビット、チャンネル:ステレオ
再生音質:音質優先で最適化 にしました。

180511_poweramp_b790_02.png
プレーヤー画面は新しいデザインを採用しています。

180511_poweramp_b790_03.png
OPENSL ES HD OUTPUTの設定画面です。
Bluetoothでハイレゾ出力を有効にするにはBluetoothのスイッチを有効にします。

筆者は長い間Powerampを使っているので、ネイティブでハイレゾ対応するのはうれしいですね。
5月中にも次のリリースがありそうなので楽しみです!!
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。