群青色な日々 リブートプロジェクト

デジモノ好きが備忘録などをたまに書き残していきます。

総記事数:  総コメント数:   総ブログ拍手数: 405 回   FONT SIZE :    BOOKMARK  ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Moto G4 PlusにSuica内蔵化

Moto G4 Plusは背面カバーが外れる仕様で、本体とカバーの間にICカード1枚程度なら内蔵できます。

自分は汎用性が高いSuicaを内蔵しています。

Suica、nanaco、Edyなどの非接触ICカードを内蔵する場合に注意することがあります。
ICセパレータと呼ばれる電波干渉を防ぐフィルタ(カード)を、スマートフォン本体と非接触ICカードの間に挟む必要があります。

Moto G4 Plusの場合はICセパレータを本体とICカードの間に挟まないとSuicaの利用ができませんでした。
Moto G4 Plusから何らかの干渉する電波が出ているのだと思います。

さて、Suicaの種類はノーマルSuica、記名式Suica、Suica定期券、VIEWカード(Suica内蔵クレジットカード)などがありますが、
スマートフォンに内蔵する場合は記名式Suicaか、期限切れのSuica定期券がオススメです。

スマートフォンに内蔵するにあたって、自動券売機では基本的にカードを挿入しないとチャージできないのでいちいちカードを外さなくてはなりません。
最近は自動券売機近辺でピンク色の「現金チャージ専用(モバイルSuicaも可)」という機械も増えてきましたので、そちらではカードを挿入しなくてもチャージできるのですが・・・

あとカードを挿入しないでチャージできる方法はNEWDAYSやコンビニレジでのチャージでしょうか。

せっかくスマートフォンに内蔵するならオートチャージを使いたいですよね。
でもVIEWカードなどのSuica内蔵のクレジットカードを内蔵するのは利便性や安全性に欠けます。

クレジットカード以外のSuicaでは、記名式SuicaやSuica定期券(期限切れSuica定期券も含む)がオートチャージに対応しています。
どういった方法でオートチャージに対応しているかというと、記名式SuicaやSuica定期券(期限切れSuica定期券も含む)と、VIEWカードをリンクさせることでオートチャージができるようになっています。

○Suica定期券やMy Suica等でのオートチャージのご利用方法
https://www.jreast.co.jp/card/function/autocharge/use_suica.html

つまりチャージ元をVIEWカードにするのです。現時点ではチャージ元にVIEWカード以外は指定できません。
この方法を使えば、便利にスマートフォンに内蔵させたSuicaを使うことができます。

皆様もぜひ試してみてください。
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。