群青色な日々 リブートプロジェクト

デジモノ好きが備忘録などをたまに書き残していきます。

総記事数:  総コメント数:   総ブログ拍手数: 405 回   FONT SIZE :    BOOKMARK  ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HTC J butterfly S-OFF&ROM焼きメモ

HTC機でroot権限を取ったり、カスタムROMを焼いたりするにはセキュリティのオフ(S-OFF)とブートローダーの解除を行う必要があります。今回カスタムROMを焼くことが成功したのでその手順を書いてきたいと思います。

root関係の情報は以下で入手することが出来ます。
■HTL21rootまとめwiki
http://www54.atwiki.jp/htl21root/
※ソフトウェアバージョン 1.29.970.1での方法です。他バージョンではS-OFFのやり方が異なってきます。万が一端末が起動しなくなっても当方では責任を負いません。自己責任にてお願いいたします。

※記憶で書いているのでどこか間違ってるかもしれません^^;


1.S-OFFを行う。
・以下のファイルをダウンロードします。S-OFFするワンクリックツールです。
 → http://ux.getuploader.com/au_HTC_J_butterfly_HTL21/download/24/%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AAS-OFF_1.29.970.1.zip

・ダウンロードしたファイルを解凍します。

・HTC J butterfly(以下蝶)と、PCをUSBケーブルで繋げます。蝶側の設定-開発オプションからUSBデバッグをONにしておいてください。
 USBドライバをインストールしていない場合は、以下のサイトからドライバをダウンロードしをインストールしてください。
 → http://www.htc.com/jp/support/software/htc-sync-manager.aspx

・コマンドプロンプトでADB接続ができているか確認。
 cmd.exeを起動、"adb shell"と入力してEnterキーを押して、$みたいな記号が出ればOK。

・最初にダウンロードしたファイルの中の"revone.bat"を実行。
 画面に従って操作してください。成功すればS-OFFの完了です。

2.ブートローダーの解除を行う。
・PCと蝶を繋げた状態にする。(蝶のUSBデバッグは有効で)

・コマンドプロンプト(cmd.exe)を起動する。

・以下のコマンドを一行ずつ実行する。
  adb shell
  cd /data/local/tmp
  ./run_root_shell (←この時点で$(ユーザー権限)から#(一時root権限になる))
  ./revone.dna -u


 以上の操作でブートローダの解除は完了です。

3.本体のバックアップ
・fastbootをダウンロード
 → http://sourceforge.jp/projects/sfnet_seandroid/downloads/xperianeov/Herramientas/fastboot.zip/

・カスタムリカバリーイメージ(TWRP)をタウンロード(URL先のtwrp250-dlxj.zip
 → http://android.slateblue.tk/viewtopic.php?f=13&t=22

・蝶の電源をOFFにする。(USBは繋げたまま)

・蝶の電源ボタンと音量-ボタンを一緒に押す。

・HBOOTが起動。FASTBOOTを選択して電源ボタンを押す。(fastbootモードに入る)

・ダウンロードしてきたtwrp250-dlxj.zipの中にある、twrp250-dlxj.imgを、fastboot.zipを解凍してできたフォルダ(fastbootフォルダ)の中へ入れる。

・fastbootフォルダでコマンドプロンプト(cmd.exe)を開く。

・以下のコマンドを実行する。
 fastboot boot twrp250-dlxj.img

・TWRPリカバリーが起動する。

Backupをタッチ。

BOOT、Data、Recovery、Systemにチェックを入れて下の部分をスワイプして、バックアップを行う。

・しばらく待つ。

・終わったら最初の画面に戻って、Reboot-Systemを選択する。
 
 これで純正ROM、初期リカバリーイメージのバックアップが完了です。

4.HTC J butterfly Sense 5 ポートROM(カスタムROM/Android 4.1.2)の導入
KDDI向けにカスタマイズされ、Sense 5.0が搭載されているROMです。
KDDIの通話や通信ができるのはもちろんのこと、FeliCa(おサイフケータイ)やワンセグ、赤外線、auアプリなどの日本独自機能も使えます。

一緒に導入するModとの組み合わせも非常に強力です。

それでは導入手順です。

・ROMのダウンロード
 → http://kie.nu/1dpj

・Mod(Tranquil and TrickDroid TWeaks)のダウンロード
 → http://ux.getuploader.com/au_HTC_J_butterfly_HTL21/download/28/Tranquil_and_TrickDroid_TWeaks_for_HTL21_v3.8.zip

・ダウンロードした2つのファイルを、蝶のSDカード直下に入れる。

・蝶の電源をOFFにする。(純正ROMとはここでおさらば、USBは繋げたまま)

・蝶の電源ボタンと音量-ボタンを一緒に押す。

・HBOOTが起動。FASTBOOTを選択して電源ボタンを押す。(fastbootモードに入る)

・PCのfastbootフォルダでコマンドプロンプト(cmd.exe)を開く。

・以下のコマンドを実行する。(リカバリーイメージを焼く)
 fastboot flash recovery twrp250-dlxj.img

・蝶側でBOOTLOADERを選択して、電源ボタンを押す。

RECOVERYを選択して、電源ボタンを押す。

・TWRPカスタムリカバリーが起動する。

・Wipeをタッチ。

・下の部分をスワイプする。

・Wipeが終わったら最初の画面に戻る。

・Installをタッチ。

・Storageをexternal_sdに変更。

HTL21_HTC_J_butterfly_Sense_5_PortROM_1.0_KDDI.zipをタッチ。

・下の部分をスワイプ。

・画面にしたがってインストール

・終わったらもう一度Installの操作を行い、Tranquil_and_TrickDroid_TWeaks_for_HTL21_v3.8.zipを導入。

・終わったら最初の画面に戻る。

・Reboot-Systemを選択。SuperSUのインストールを求められたら許可する。(SuperSUがインストールされないとroot権限が取れません)

・最初の起動は時間がかかるので待つ。あまりにもかかるようならもう一回データのWipe、Installをやり直す。

・起動したら各種設定をする(Googleアカウントなど)

・PlayストアにてSuperSUの更新を行う。更新を行ったらSuperSUを開いて動作を確認する。



これでカスタムROM、Modの導入は終了です。

このROMはどういう感じなのか?ちょっと紹介したいと思います。

131221_01.png
Androidのバージョンは4.1.2です。

131221_02.png
設定項目にTranquilとTrickDroidが追加されています。

131221_03.png
蝶ではBluetoothを使ったテザリング(親機)が可能です。

131221_04.png
このROMでは、外部スピーカーでもBeats Audioが使えます。

131221_05.png
Tranquilの設定画面です。ここでは本体にかかわる結構な設定をいじることが出来ます。
戻るボタン長押しでアプリをキルする機能も追加することが出来ます。

131221_06.png
ステータスバーに表示するアイコンの表示、非表示を設定できます。
また、純正ROMではウザかった通知バーの省電力モードの非表示ができます。

131221_07.png
カメラ、スクリーンショットの無音化、バイブの強さ、Sweep2Wake(下のセンサーキーをなぞるとスリープ解除、スリープON)の設定ができます。電源キーが遠い蝶では、Sweep2Wakeの効果は絶大です。

131221_08.png
TrickDroidの設定画面では、バッテリーピクトをパーセント表示にしたり、ステータスバー上部にバッテリーバーを表示させる設定ができます。

131221_09.png
通知領域のトグルの並び替え、追加、削除が行えます。

131221_10.png
ステータスバーを下して通知領域を表示させたところです。
純正ROMではないトグルを追加することができました。
また、通知領域は半透明にすることが出来ます。

131221_11.png
電源オプションです。スクリーンショットを追加してみました。

131221_12.png
再起動オプションです。高速再起動(シェルだけ再起動)もできます。


このROMを入れた後にためしにGalaxy Nexusでお世話になっているAOKPを入れてみたんですが、AOKPはBluetoothのapt-Xに対応していないのと、Port ROMのMod(Tranquil and TrickDroid TWeaks)の使い勝手が良すぎるんでPort ROMに戻ってきました。

蝶を大分自分仕様にカスタマイズできたのと、rootが取れるのでこれからメイン機として活躍してもらおうと思います!
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。