群青色な日々 リブートプロジェクト

デジモノ好きが備忘録などをたまに書き残していきます。

総記事数:  総コメント数:   総ブログ拍手数: 405 回   FONT SIZE :    BOOKMARK  ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARP AQUOS PHONE ZETA SH-06E レビュー

2013-10-12 15.13.17

NTT docomoのSH-06Eのレビューです。
実際に3ヶ月使用してみて気づいたことなどを書きたいと思います。
私がこの機種を買った理由はたったの3つです。

・画面がフルHD解像度であること。
・ホームボタンなどが画面から独立して配置されていること。
・メニューボタンがあること。

たったこれだけの理由でこの機種を購入しました。
XPERIA系はメニューボタンがない。富士通のアホーズはホームボタン類が画面の中。
2013夏モデルで探していたらこの機種を見つけて、一目ぼれしました。

ホームボタン類が画面の外にあれば画面が広く使えるのです。

シャープの自慢のディスプレイ技術「IGZO(イグゾー)」はどんなものか確かめたかったのもあります。

買った後に仕様を調べて、かなりスペックが高いということが分かりました。
詳細なスペックは以下の通りです。


--
http://www.sharp.co.jp/products/sh06e/index.html
OS:Google Android 4.2.2 Jerrybean
CPU:Qualcomm Snapdragon 600 APQ8064T (クロック周波数:1.7GHz、クアッドコア)
GPU:Qualcomm Adreno 320
RAM:2GB
内蔵メモリ:32GB
外部メモリ:microSDXC 64GBまで
データ通信:docomo LTE (速度:下り最大100Mbps、周波数帯:800MHz(プラチナバンド)・1.5GHz・2.1GHz)
画面:4.8インチ TFT(IGZO) 液晶 (画面解像度:1080x1920 FullHD)
メインカメラ:約1310万画素裏面照射型CMOSセンサー(HDR撮影、光学式手ブレ補正、FullHD動画撮影)
サブカメラ:約210万画素画素裏面照射型CMOSセンサー
Wi-Fi(無線LAN):IEEE802.11a/b/g/n/ac(Draft)
赤外線通信:有り
非接触IC:NFC、FeliCa(おサイフケータイ)
Bluetooth:4.0(A2DP apt-x対応)
テザリング:Wi-Fi、USB
放送受信機能:ワンセグ、NOTTV
電池:2600mAh(実使用時間:約62.5時間)
音楽再生:Wolfson社製LSI搭載(S/N比113dB)、連続再生最長約75時間、ギャップレス再生機能、Dolby Mobile v3
無線充電機能:Qi
急速充電機能:60分で1200mAh以上充電可能
防水機能:IPX7(水の中で30分間放置しても大丈夫)
外部接続:microUSB(ホスト機能対応、MHL対応、キャップレス防水)、Miracast(無線画面出力)、
       3.5φイヤホンマイク端子(キャップレス防水)
その他:FMトランスミッター、GPS+GLONASS、緊急地震速報、バーコード・名刺リーダー、覗き見ブロック、エコ技、伝言メモ
--


フルセグ(地上デジタル放送)は搭載されていませんが、どうせ見ないので問題ないです。
3ヶ月使用しましたがおおむね評価は高いです。

IGZO液晶はとても発色がよく、見やすいです。
sRGB表示にも対応しています。

2013-10-12 15.14.02
ブルーを購入しました。裏面はつや消しの瑠璃色です。
私が群青色、LapisBlue、deepblueとか名乗っているのは蒼色が大好きだからです。

2013-10-12 15.14.37
ホームボタン類が独立して配置されています。
microUSB端子とイヤホン端子はキャップレス防水に対応しているので、抜き差しが簡単です。

2013-10-12 15.18.44
現在のホーム画面です。ホーム画面が自分色に染められるのがAndroidの特徴ですね。
ちなみにNova Launcherを使っています。
バッテリー容量のパーセント表示にも対応しています。

2013-10-12 15.22.15
ステータスバーを下に下ろした状態です。
設定トグルではかなりの設定を操作することが可能です。
覗き見ブロックを押してみます。

2013-10-12 15.22.25
このようになり、隣の人は画面を覗きこむことが困難になります。


次はこの端末に搭載されている音楽機能を少し紹介したいと思います。

Screenshot_2013-10-12-16-41-00.png
FMトランスミッターで車のオーディオに音楽を飛ばすことが可能です。
Bluetooth apt-xに対応しているので、apt-x対応のBluetoothヘッドセットに低遅延、高音質に音楽を飛ばすことができます。

Screenshot_2013-10-12-16-40-36.png
イヤホン連携機能というのは、イヤホンを挿したらミュージックプレイヤーを起動するか?ということです。

Screenshot_2013-10-12-16-39-28.png
ギャップレス再生にも対応しています。XPERIA系はいつになったら対応するのでしょうか?
ちなみにiPhoneもギャップレス再生に対応しています。

ライブ盤を聴くときにプツンと切れなくなるので重宝する機能です。
どんな機種でも標準搭載するべきだと思う。

Screenshot_2013-10-12-16-40-11.png
Dolby Mobile v3の設定画面です。イコライザーやサラウンド、低音強調など自分好みに音質を調整することができます。
私は低音重視です。


音楽機能についてはかなりいい音を出す端末だなぁと思います。
Wolfson社製のLSIを搭載しているからいい音が出るのだと思います。ウォークマンよりもいい音です。
しかし不満なことがあります。

まず、イヤホンを直接接続しているときに、画面をスクロールすると「ビー」というノイズが聞こえます。
音楽を一時停止した直後にスクロールするとよく分かります。
音楽にこだわってる端末なのになぜノイズが?と思います。

あと、Bluetoothを使って無線で音楽を楽しんでいるときなのですが、頻繁に音飛びが発生します。
これは本体のBluetoothの出力が弱いからでしょう。
Bluetoothヘッドセットを違うのに変えても改善されません。

一度この症状で修理に出して基盤交換されてきましたが、症状が改善されないので仕様なんだと思います。
音楽にこだわっているので、非常に残念です。


音楽機能以外はかなり満足しています。
全体の動きがかなりサクサクなので、ストレスなくスマホいじりに没頭することができますね。
これはCPUの処理能力の高さやRAMの容量が多さがあるからでしょう。


先日ドコモの発表会が行なわれ、AQUOS PHONE ZETA SH-01Fが発表されました。
http://www.sharp.co.jp/products/sh01f/

スペックを見たところ、あちこちでコストダウンが行なわれているせいか、一部SH-06Eにある機能がなくなっています。(赤外線通信、Qi充電、Wolfson社製LSIなど)

CPUは2.2GHzと高速化し、フルセグが搭載されましたが、画面下のセンサーキーが廃止(ホームボタン類は画面の中)されました。

センサーキーが廃止されたので、私は魅力を感じないです。

今SH-06EはMNP、新規で一括0円+キャッシュバック、機種変更で一括2万円、白ロムは25,000円ほどで売られています。
新しいモデルが出るので投売り状態です。

某南浦和の店ではキャッシュバック3万とか・・・

これほど高性能な機種なのにキャッシュバック付きで売っているので、もう1台欲しくなってしまいます。

それくらいオススメしたい端末です。是非買ってみてはどうでしょうか?
COMMENT
ロック画面もnovalauncherにするとそうなるんでしょうか?
>akkyさん

こんにちは。お返事遅くなりすみません。
ロック画面はWidgetLocker Lockscreenというアプリを使用しています。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。