群青色な日々 リブートプロジェクト

デジモノ好きが備忘録などをたまに書き残していきます。

総記事数:  総コメント数:   総ブログ拍手数: 405 回   FONT SIZE :    BOOKMARK  ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステレオミキサー機能を追加する「TiVSound」(XP専用)

■Windows XPへステレオミキサーを追加する仮想オーディオドライバー「TiVSound」
http://www.forest.impress.co.jp/docs/review/20100118_343103.html

■TiVSound (作者ページ)
http://homepage2.nifty.com/t_ishii/vs/index.html

ステレオミキサー機能というのは、簡単に言えばPCで鳴らしている音声を録音ソフト・録画ソフトへ渡す機能です
この機能がないと、PCで鳴らしている音声・BGMが録音できません。例えばオンラインゲームのプレイ動画を撮っても音声なしで記録されます。実況配信するときにBGMをつけて配信することもできません。

最近売られているPCはステレオミキサー機能がついていないものも結構あり、ステレオミキサーが欲しい人はわざわざ搭載されているものを探して購入していることもありますw

群青色が持っている東芝AW6もコストダウンの煽りを受けてか搭載されていませんでした。もう3年以上前のモデルですが・・・

購入当時ステレオミキサーがなくて困ってあれやあれやと色々試したことを思い出します^^;
結局ヘッドホン端子とマイク端子を接続させて使用していましたw(ヘッドホン端子から出た音をマイク端子で拾うという無茶苦茶な方法)

今回XP限定ですが、ステレオミキサー機能がないPCにステレオミキサー機能を追加するドライバソフトを見つけたので導入方法を交えて紹介します!
◎導入方法
1. まずは自分のPCにステレオミックス機能が搭載されているかを確認!
Windowsスタートメニュー → ファイル名を指定して実行 で sndvol32 を実行。
ボリュームコントロールが表示されたらプロパティでミキサーデバイスのプルダウンメニューをいじってステレオミキサーがあるか確認する。

100714_tivsnd_01.jpg
画像の通りdynabook AW6には搭載されていません。もしここでステレオミキサーがあればこのソフトを導入する必要はありません

2. 仮想サウンドドライバのインストール
上記の作者ページからTiVSoundをダウンロードし、解凍する。
まずは仮想サウンドドライバのインストール。
コントロールパネルの ハードウェアの追加 からデバイスをインストールしていく。

100714_tivsnd_02.jpg 100714_tivsnd_03.jpg 100714_tivsnd_04.jpg 100714_tivsnd_05.jpg

100714_tivsnd_06.jpg 100714_tivsnd_07.jpg 100714_tivsnd_08.jpg 100714_tivsnd_09.jpg
画像のように選択してインストールを進める。ファイルのコピー元は先ほど解凍したフォルダを指定してあげればOK。

3. 設定ソフトのインストール
先ほど解凍したフォルダの中にあるインストーラーを実行する。

4. ドライバの設定
スタートメニューにTiVSound関係のショートカットが登録されたので、その中の TiVSoundの設定 を実行。

100714_tivsnd_10.jpg
再生デバイスに今まで音声出力に使っていたデバイスを指定する。群青色の場合は Realtek HD Audio Output
最後まで設定してスピーカーから音が出なかったらここの設定を間違えたと思ったほうがいい。

バッファは100ms推奨。(群青色の環境では50msにすると音飛び発生w)
まあ詳しい設定は作者ページに載っているので、そちらをご覧ください。

5. 標準で使用するオーディオデバイスをTiVSoundに変更
スタートメニュー → TiVSound → 規定オーディオデバイスの設定 を実行。

100714_tivsnd_11.jpg
画像のようにして設定ボタンを押してから閉じる

手順4と5の設定をすることでステレオミキサーが使えるようになる
群青色の環境の例で説明すると、Realtekさんから出力された音はTiVSoundさんを経由してスピーカーから出るようになる。
TiVSoundさんがステレオミキサーの機能を持っているので、TiVSoundを経由する音声は録音が可能である

6. サービスの登録
スタートメニュー → TiVSound → TIVSServiceの開始 を実行。
これをやらないと音が出ない。

7. 動作確認
まずは適当な音楽を流してスピーカーから音が出るか確認
出なければ設定の見直し。

次はステレオミキサーが追加されているか確認
手順1のようにボリュームコントロールを起動して、プロパティで録音のラジオボタンを選択する。
ステレオミキサーがあればおめでとうです(ΦДΦ)
なければ設定を見直して!

100714_tivsnd_12.jpg
ステレオミキサーのボリュームはいちおうMAXにしておきましょう。
ちなみに今後は基本はTiVSoundさんで音量を調節することになりますが、一応Realtekさんのほうで音量を弄っても反映されます。(確認済み)

次はPCの音が録音できるかテストです!

8. 録音テスト
Windowsスタートメニュー → ファイル名を指定して実行 で sndrec32 を実行。

100714_tivsnd_13.jpg
Windows 95の時から姿が変わらないサウンドレコーダー。
適当なBGMを鳴らしながら赤丸を押して録音開始!真ん中のが波打ってれば音が録音できています。
適当に停止して再生してみましょう。綺麗に音が取れているはずです(* ^ー゚)


◎おまけ(Frapsやアマレココの設定)
オーディオデバイスの設定が TiVSound Wave になっていれば音声も録音できます。
今まで音声が取れなかった方もこれで私とともに新世界へと旅立てるでしょう。

100714_tivsnd_14.jpg 100714_tivsnd_15.jpg

まさか今になってAW6で音声もステレオ録音できるようになるとは思わんかったわw
作者さんには大大大感謝です!!
COMMENT
おhwwwまぢでwwwおれ歓喜www
>>のぐり
おhwww
よかったね( ^ω^)
おれも歓喜www
この通りにやったら出来ました♪
助かりました~
>PC初心者さん

ブログ訪問ありがとうございます。
出来たみたいでよかったです!
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。