群青色な日々 リブートプロジェクト

デジモノ好きが備忘録などをたまに書き残していきます。

総記事数:  総コメント数:   総ブログ拍手数: 405 回   FONT SIZE :    BOOKMARK  ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSP go用の青歯ヘッドセットレシーバーを購入!

前回の更新から大分時間が経ってしまいました。更新できなくて申し訳ありませんでした(´;ω;`)
さ、サボってたわけじゃないんだからねっ!

今日はPSP go用のBluetoothレシーバー、PSP-N270をレポートしたいと思います!

●PSP-N270 (impress watch)
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20090924_317396.html
群青色の周りにはBluetoothの対応機器が増えたので、1つの機器としかペアリングできない HBH-DS205(以下DS205) だと他の機器とつないで音楽を聞きたいときにその度にレシーバーのペアリング情報をリセットしないといけないので不便でした。

マルチペアリング(複数の機器のペアリング情報を保持可能)に対応していてイヤホン取替え可能のものを探していたところ、PSP-N270(以下N270)がお手ごろ価格だったのでIYHしてみました。

もともとPSP go用のBluetoothレシーバーなんだけど、PCや携帯電話ともペアリングして使うことができる。
SCMS-T(コピー防止技術)にも対応しているので、携帯のワンセグ音声も出力できるはず。

100410_PSPBTH01.jpg
量販店のゲーム売り場に売っています。量販店だと4500円くらいで密林だと4k切ってるねー
ちなみに群青色はPSPもPSP goも持っていませんw
私のように音楽用途だけに使う人はどのくらいいるのだろう。

100410_PSPBTH02.jpg
操作ボタンが大きめなので操作はしやすい。表面がテカテカなので指紋&キズが目立ちそう。

100410_PSPBTH03.jpg 100410_PSPBTH04.jpg
充電は側面のminiUSB B端子で行なえる。汎用USBケーブルでも充電できました。
MODEは通信状態を低ビットレートに切り替えるボタン。音声の遅延が気になるときに使う。

100410_PSPBTH05.jpg 100410_PSPBTH06.jpg
DS205との比較。N270のほうがサイズが大きい。重さはN270のほうが軽いかな。
やっぱりDS205はスマートだ。これマルチペアリングに対応してたら神だったのに・・・
DS205にはストラップ穴がありませんでしたが、N270にはクリップのところに発見。

100410_PSPBTH07.jpg
付属のUSB充電ケーブルは、こんな風にUSB-AC変換を使うと家庭用電源からも充電できるゾ!

100410_PSPBTH08.jpg
ペアリングはN270を電源オフの状態から電源ボタンを7秒押し続けて、赤点滅が始まったら接続する機器のほうでBluetooth探索を行なう。
認証キーの入力が求められたら0000を入力すればペアリング完了。

100410_PSPBTH09.jpg
プレミアキューブとペアリングしたとこ。AVRCPにももちろん対応しているのでN270の操作キーでLISMOをコントロールすることができる。ちなみにペアリングしている状態だとN270の電源を入れると自動的にLISMO Playerが起動する。
PCだとAIMP2, MPCHC, foobarでリモコン操作することができた。

■PSP-N270を使ってみて感じたこと
○操作がしやすい
→ DS205はボタンが少ないのとスライド式のスイッチなので操作性がイマイチ。N270はボタン配置がかなりイイ線いってます。
○PCのUSB端子から充電ができる。
→ DS205は基本的にACアダプタからしか充電できない。ACアダプタを持ち歩くハメになる。
○マルチペアリング
→ 複数の機器のペアリング情報を保持できるのはイイ(*^ー゚)b

×充電中に音楽を聞くことができない
→ 充電中は強制的に電源がOFFになる。色々調べてみたところソニーブランドの青歯レシーバーは充電中に使えないらしい。エリクソンのDS205は充電中でもいけるのに・・・
×デザイン
→ 筐体がデブいのがちょっと・・・。あとテカテカだからキズが心配。
×接続機器の切り替えが不便
→ マルチペアリングは、本来は音楽聞いているときに携帯に着信があったときに携帯の方に通信を切り替えて通話するのに利用されるみたいで、音楽聞くだけ用に複数の機器を切り替えるのには向いていないらしい。少々面倒ですが後述の方法で一応切り替えができます。

■A2DPの通信相手を切り替える方法
N270は電源を入れると自動的に前回ペアリングした機器と自動で接続しようとするので、前回使った機器のBluetooth電波をOFFにしておきます。auケータイなら"#キー"長押し。

N270の電源を入れてから10秒ちょっと経つと接続試行エラー(イヤホンつなげてるとエラー音が聞こえる)になるので、つなげたい機器のBluetoothの設定からN270に接続を試みると接続できます。

少々めんどうだけどDS205みたいにペアリング情報リセットして認証キー入力してペアリングしなおすよりは楽だと思う。

ちなみに音質のほうですが、DS205よりもN270のほうが個人的には好きです。低音ブーストしてもDS205みたいに違和感が無いような気がします。音の広がりもN270のほうがある気がする。
音質については人によって評価がまちまちなので、参考程度にw

COMMENT
大変参考になりました。
Iphoneでもつかえました。音声入力にも対応しましたよ この記事読んで参考になりました。有り難うございました。
Re: タイトルなし
>>Erosutですさん

こんばんは。ブログ訪問ありがとうございます(* ^ー゚)
iPhoneでも使えているとのことで、そのうちiPhoneを入手するかもしれないので参考になりました(*^▽^*)
追伸
PSPシリーズの中で青歯が使えるのはPSPgoだけです。PSPgoが不人気なのでN-270も店頭からなくなる可能性大。年末にN-270を紛失してしまい,また購入しました。2011年末に新しいPSPが出るそうです。iPhone3gs iOS4.2で曲送り戻しができるようになりました。
>>Erosut樣

こんばんは。度々のコメントありがとうございます(^-^*)♪
次期PSP(NGP)も青歯に対応しているそうなので、またアクセサリで青歯のリモコンかヘッドセットが出てくれれば選択肢が広がりますね。

確かにPSPgoが終息していくとN270も市場から消える可能性がありますよね。
手ごろなレシーバーなので是非とも継続販売してほしいものです。

実は私は最近ソニエリの MW600 のホワイトモデルをゲットしました。
やはり音声出力元の切り替えが簡単にできるものが欲しくなってしまったので少々高いのですが購入してしまいました。

3つの機器まで登録ができてディスプレイ表示とボタンで簡単に切り替えることができるので実に楽に切り替えができるようになりました。ワイヤレス生活は最高です!

時間ができたらMW600の方もレビューしたいなと思っています。
その後、月日が経って申し訳ございません。
あれからnー270保持しつつも、MW600を購入しました。
最後のsonyエリクソン製品なので、中古xperia acro (エリクソン製simカード無し)
とPSPgoとiPhoneと一緒にウヲクマンとして使って居ります。この二年間にMW600を2台も紛失してしまい、生産中止なので探すのに苦労しました。前は1万ぐらい
の価格で今6千ぐらいです。sonyからは新しい青歯が出ていますが、
三度目のMW600白を購入ヘッドフォンジャックと本体を針金入りコヨリで
縛っております。紛失した間だn-270を使用してました。こちらもエリクソン製品



Re: タイトルなし
>erosutさん

またまたコメントありがとうございます!
MW600はいい機種ですね!でも僕のやつは1年後に有機ELディスプレイがダメになってしまいました。
それからオーディオテクニカのアンプ内蔵のAT-PHA05BTを使っていました。
WOW HDのオーディオエフェクトが使えるのでたまにONにして音質の変化を楽しんでいました。

現在はロジテックのLBT-AR300を使っています。転送コーデックがapt-x/AAC/SBCとマルチに対応しています。
こちらに関しては後ほど記事にしたいと考えています。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
2枚挿しタイプメモリースティックProDuo変換アダプタ 32GBまで対応 |
2枚挿しタイプメモリースティックProDuo変換アダプタ 32GBまで対応Pro...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。