群青色な日々 リブートプロジェクト

デジモノ好きが備忘録などをたまに書き残していきます。

総記事数:  総コメント数:   総ブログ拍手数: 405 回   FONT SIZE :    BOOKMARK  ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CoreAVC Codec ネットブックで検証

ネットブックでH.264(x264)動画を視聴するのはスペック的にかなりキツイ。

H.264はデコードがかなり重いのでCPUが非力のATOMでは常に高負荷状態となり、動きが激しいシーンではコマ落ちも発生する。(ffdshowを使ってのデコードはかなり重い)
オンボードグラフィックは動画再生支援(DXVA)に対応していないのでGPUに処理を分散できない。

ここで紹介する CoreAVC Codec とは軽いと評判のH.264デコーダーで、古いPCでも楽々H.264動画が再生できるようになったという記事がネットに沢山あったので群青色も結構前から使っていた。

CPUがCore 2のdynabook AW6だと導入前と導入後とで何が変わったの?っていう感じだったけど、EeePCはコマ落ちしたり音ズレが発生していたがCoreAVCを導入したら安定した。

実際にどのくらいCPUに負荷が掛かっているのか、フレームレートはどの位出ているのかを検証してみました。
○使用ソフト
・CoreAVC Video Decoder
http://codecpack.nl/coreavc.htm
(CoreAVCのソフト自体は有料だけど上のURL先にあるデコーダーだけなら無料で利用できる。)

・Media Player Classic Homecinema (以下MPCHC)
http://www16.plala.or.jp/na743/mpc.html
(多数のフィルタ(コーデック)を内蔵している見た目はシンプルだけど "使える" プレイヤー。内蔵フィルタでもH.264のデコードに対応している。)

CoreAVCデコーダーの使い方はインストールした後にMPCHCを起動して、オプションの外部フィルタのところで "CoreAVC Video Decoder" を追加して優先するにチェックを入れてあげればOK。
あと一応内部フィルタの設定のところの "H264/AVC" のチェックを外したほうがいいかも。

GOM Playerとかでもフィルタの設定をしてあげれば使えると思う。

■内蔵フィルタとCoreAVCの比較
HDサイズ(1280x720)にダウンコンバート、x264で圧縮した地デジソースのPhantom 第24話を再生して、CPUへの負荷とFPSを調べてみた。(ちなみにファントムはOPからEDまで24fps)

・使用PC
ASUS EeePC 901-X
CPU - Intel ATOM N270 1.6GHz (L2:512KB)
GPU - Intel GMA950
RAM - 2048MB

MPCHC内蔵フィルタ(左)、CoreAVC(右)です。
090918_V7DF.jpg 090918_V7CA.jpg
動画が真っ黒でごめんなさい(´;ω;`)ウッ…
MPCHCの出力設定でVMR7を選択するとオーバーレイを使用するので、SS取るのに使うソフトがオーバーレイに対応していないと動画部分が真っ黒になってしまいます。SSが黒くなるだけで実際には動画が再生されています。

両方ともフレームレートは24fps付近、欠落フレーム0で安定していますが、CoreAVCを使ったほうがCPU負担が20%ほど低くなっています。
比較的動きが安定しているシーンで測定したので動きが激しくなったら内蔵フィルタのほうは危なくなってくるかも。

・出力設定でVMR9を選択した場合(CoreAVCのみ)
090918_V9CA.jpg
出力設定でVMR9を選択すると、オーバーレイを使わない設定になるので動画部分もキャプチャできる。
VMR7よりも処理が重いみたいで、CPU負荷も大分高くなって欠落フレームも出てくる。
動きが激しいシーンだとカクツクので、ネットブックはVMR7推奨。

・おまけ - 録画した生TSファイルを再生
地デジの録画ファイル(MPEG2-TS)はH.264ではないのでCoreAVCは使えない。内蔵フィルタが働く。

090918_V7TSA.jpg 090918_V7TSB.jpg
左側、29.97fpsでの通常再生。右側、Bob化(60fps)での再生。(出力レンダラはVMR7)

大半のアニメは24p製作なので左側の再生方法で大丈夫なのですが、まれに60fpsの部分が混じってるアニメがあるので(化物語とか)、その場合は60fps化して再生します。
EeePCでは力不足みたいで60までフレームレートがいきません。かえって29.97のときよりもカクカクになります。
通常再生なら地デジデータも問題なく再生できます。

VMR9で通常再生してみると・・・
090918_V9TSA.jpg
フレームレートが半分しか出ない(ノД`)
欠落多すぎでまともに視聴できません。VMR9での出力はネットブックには荷が重すぎるみたいです。


EeePC 901でのCoreAVCを使ってのH.264動画の再生はビットレートにもよるけど、HDサイズで30fpsくらいまでが限界だと感じました。確かにCoreAVCを使うと軽くなるけど、60fpsの部分を再生するとガクガクになります。
60fpsじゃない動画なら快適に視聴できますね^^♪

あ、あとBlu-rayも試してはみたけど、こっちは更に解像度が高い(FullHD/1080p)こともあって、視聴は完全に無理です\(^o^)/

COMMENT
BL・・・だと・・・!
最後の一行に一言・・・
blu-layじゃなくてBlu-rayですよw
BLって・・・
あと、私のPCだとCoreAVC Codec使っても3分後くらいにはガックガクでした\(^o^)/オワタ
>>わいたんさん
こんにちは。

BL・・・だと・・・!?

素で間違えてました。ご指摘ありがとうです(´▽`*)

>私のPCだとCoreAVC Codec使っても3分後くらいにはガックガクでした
こちらのページに再生サイズ別の必要スペックが載っていました。
http://coreavc.com/index.php?option=com_content&task=view&id=28&Itemid=1

最初は問題なく再生できてるということはスペックは満たしているような気がします。

原因を考えるとすれば、
・熱でCPUが遅くなっている
・メモリ不足でHDDに頻繁にスワップアウトしている
・グラボとの相性?等
他にも色々ありそうですが|ω・´)
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
Xbox fps
Xbox fpsの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「Xbox fps」へ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。