群青色な日々 リブートプロジェクト

デジモノ好きが備忘録などをたまに書き残していきます。

総記事数:  総コメント数:   総ブログ拍手数: 405 回   FONT SIZE :    BOOKMARK  ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HDD2TBの価格が8000円台まで下がる

■2TBモデルのHDD、すでに9000円を割り込む価格で販売中(ギガジン)
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100718_2tb_hdd/

群青色が半年前に買ったWD製1.5TBHDD「WD15EADS」が当時10000円台でした。
ギガジンで紹介されてる2.0TBの「WD20EARS」は安くても14000円台だったと思います。

HDDの容量拡大と価格の暴落は凄まじいものがありますなw

ちなみにWD20EARSはソフマップの店頭で買うのがオススメです。
ソフマップでよく売られているグリーンハウスの箱に入っているWD20EARSは3年の交換保証がついているので断然お得です。
価格は先週の金曜に見たときは8980円でした。

自分もそろそろ1.5TBが録画データでいっぱいになりそうなので買い足そうかな(・∀・)ニヤニヤ

スポンサーサイト

フリーソフト「Office IME 2010」

マイクロソフトのOSに標準搭載されている日本語入力ソフト「Microsoft IME」ですが、最新版の2010からOfficeをインストールしているユーザーに限り無償提供となっております。

IME 2010では新たに最新語辞書の自動アップデートや、オープン辞書による容易な変換拡張ができるようになりました。IME 2007よりも変換スピードや精度も向上しているようです。
Officeユーザーなら是非インストールしてみましょう!

■Microsoft Office IME 2010(ダウンロードはこちら)
http://www.microsoft.com/japan/office/2010/ime/default.mspx
※無償ダウンロード対象は Office XP/2003/2007 を使用しているユーザー

■MS、日本語入力システム「Office IME 2010」を既存Officeユーザーへ無償提供(Impress Watch)
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20100617_375019.html

■Office IME 2010の変換候補が東方な件について(Ascii.jp)
http://ascii.jp/elem/000/000/516/516709/
東方に強いIME 2010。

★スクリーンショット
100716_ime2010.jpg
ほとんどIME 2007と同じ設定画面です。
最新語辞書を自動アップデートにしたいときは辞書アップデートの設定の自動バージョンアップのところにチェックを入れましょう。

ステレオミキサー機能を追加する「TiVSound」(XP専用)

■Windows XPへステレオミキサーを追加する仮想オーディオドライバー「TiVSound」
http://www.forest.impress.co.jp/docs/review/20100118_343103.html

■TiVSound (作者ページ)
http://homepage2.nifty.com/t_ishii/vs/index.html

ステレオミキサー機能というのは、簡単に言えばPCで鳴らしている音声を録音ソフト・録画ソフトへ渡す機能です
この機能がないと、PCで鳴らしている音声・BGMが録音できません。例えばオンラインゲームのプレイ動画を撮っても音声なしで記録されます。実況配信するときにBGMをつけて配信することもできません。

最近売られているPCはステレオミキサー機能がついていないものも結構あり、ステレオミキサーが欲しい人はわざわざ搭載されているものを探して購入していることもありますw

群青色が持っている東芝AW6もコストダウンの煽りを受けてか搭載されていませんでした。もう3年以上前のモデルですが・・・

購入当時ステレオミキサーがなくて困ってあれやあれやと色々試したことを思い出します^^;
結局ヘッドホン端子とマイク端子を接続させて使用していましたw(ヘッドホン端子から出た音をマイク端子で拾うという無茶苦茶な方法)

今回XP限定ですが、ステレオミキサー機能がないPCにステレオミキサー機能を追加するドライバソフトを見つけたので導入方法を交えて紹介します!
| TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。