群青色な日々 リブートプロジェクト

デジモノ好きが備忘録などをたまに書き残していきます。

総記事数:  総コメント数:   総ブログ拍手数: 434 回   FONT SIZE :    BOOKMARK  ADMIN

最近のお買い物(TROND BT-DUO HD)

Bluetoothレシーバーを買い増ししました。
TRONDというメーカーのもので、aptX HD、aptX Low Latency、aptX、SBC対応でレシーバー(受信)だけでなく送信機としても利用可能だそうです。

Android 7.0にaptX HDコーデックを追加する【root】

ポピュラーなカスタムROMのLineageOS 14.1(Android 7.0系)では一部でaptX HDコーデックが使用可能となっています。

LineageOS 14.1じゃなくてもAOSP系ROMなら mod をTWRPでフラッシュすることで aptX HD(aptX含む)が利用可能になります。ただしAndroid 7.0以上なことが条件。

■[MOD][PORT][N]aptX codec (XDA Developers)
https://forum.xda-developers.com/oneplus-3/themes/mod-aptx-codec-t3521228

添付ファイルの aptXHD.zip をTWRPでフラッシュする。

■動作確認できた端末
LGE isai VL LGV31(Android 7.1.2:RR-N-v5.8.4-20170916-v31-Unofficial.zip)
LGE Nexus 4(Android 7.1.2:lineage-14.1-20171103-NIGHTLY-MLQ-mako.zip) ← aptXHD.zip をフラッシュしなくても対応してるっぽい。

■確認方法
Sony WI-1000X(aptx HD対応機器)と各スマートフォンを接続し、Sony | Headphones Connectアプリで接続状態のコーデックを確認。aptX HDと表示されているのを確認。

激安ボックスレスBluetoothヘッドセットを購入してみた【SoundPEATS QY7】

ボックスレスBluetoothヘッドセットというと、普通なら1万円以上するようですが、
Amazonで激安で売られているボックスレス型のBluetoothヘッドセットを試しにIYHしてみました!

MDR-EX31BN、2週間使用してみて

131115.jpg
MDR-EX31BNを買ってから2週間経ったので、使用レポートです。

デジタルノイズキャンセリングは電車に乗っているときに効果を発揮しますね。
モーター音や雑音を低減してくれます。集中したいときとかは音楽流さないでノイズキャンセルのみONでもGOODですね。

apt-X(高音質モード)をONにすると、高音域の音のつぶれがなくなりますね。
シンバルやハイハットの音がシャリシャリいわなくなります。
音の広がり方もSBCよりも広く感じます。

ただ、付属のイヤホンは低音が弱い感じです。低音スキーには物足りない感じだと思います。


さて、MDR-EX31BNとSH-06Eの相性はどうだったか?

SH-06EのBluetoothは出力が他の端末より弱い?せいか、レシーバーで音楽を聞いていると1m未満の距離でもしばしば途切れることがあります。

MDR-EX31BNにしたらどうだったか?というと、他のレシーバーよりも特別途切れにくいということはありませんでした。

他のレシーバー同様、たまにプツッと途切れます。

Wi-FIをONにしていると更に途切れやすいので、Bluetoothで音楽を聞いているときはWi-Fi OFF推奨です。

XPERIA rayやGalaxy NexusではWi-Fi ONでもこんなことなかったのになぁ。

ソニー Bluetoothキーボード SGPWKB1

ポケモンキーボードと一緒にソニーのBluetoothキーボードも購入したので簡単にフォトレビューしたいと思います。
| TOP | OLD »